« ラジオ戦国時代 | Main | 流れについていけない・・・・ »

June 02, 2010

責任者不在の恒常化

今日から一つまた嫌いな言葉が増えた。
「友愛」
二度と見たくない言葉。
言葉には罪がないのにねぇ・・・

1年足らずで辞めてく首長ばっかり。
どう思ってもこの国はおかしい。
今日、たまたま昼メシを食いながら会見をTVで見ていた。なんか違和感を感じていた。
「国民の皆さんの判断は間違っていなかった」?
「新しい民主党、新しい政権を皆様の力によってお作りいただきたい」?
オイオイ、誰に向かって話してんだよ。
なんで民主党へのエールになっちゃうんだ?
まず最初に謝るべき相手は誰なんだ?
オマエが、国民と対話しなかった結果だろうに。
先週までの沖縄への謝罪は一体なんだったんだ!

社長が立て続けに1年程度で変わる会社なんてほとんどない。
あっても取引等での大きなペナルティを負うのが社会のルールというヤツである。

責任者不在を正当化し恒常化するこの国にどんな未来があるというのだろうか?

金持ちの気まぐれで発した「友愛」が、浮ついた言葉に聞こえるのは、ホントに言葉が気の毒に思えてならないのだ。

|

« ラジオ戦国時代 | Main | 流れについていけない・・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 責任者不在の恒常化:

« ラジオ戦国時代 | Main | 流れについていけない・・・・ »