« ラジオとツイッターについて-2 | Main | 街場のメディア論 »

August 15, 2010

ラジオとツイッターについて-3

忘れないうちに、今の自分の気持ちを書いた方が良いと思って書く。

昨晩、特番でUSTREAMで花火中継をした。
周りの関係者の方の協力もあり、予想以上のアクセスを確保し、番組のクライマックスでは多くの励ましのコメントを頂き、こちらも初めての試みで興奮状態にもあった。

しかしだ。しかしである。
今回自主企画ゆえに、全くの収入はない。まぁ、それはいいとして、初めての試みなのだ。まずは実験じゃないか。
では、何か次のビジネスにつなげるヒントを得たかと言うと、正直、一晩経った今も"No Idea"である。

なるほど。「USTとツイッターは相性がいい」。これは理解した。
「ラジオとツイッターは相性がいい」。これは、う~ん、微妙だが分からなくもない。
でもこれはあくまで動員ツールでしかないような気がする。その程度だ。
こんなものに引っ張られていては、あっという間にスタッフは潰れる。

これと収益とのリンクは全くイメージできない。
フリーなサービスを利用した程度でラジオの将来なんて変わり様がない。
もっと根本の思考を変える必要があると思うのだ。

|

« ラジオとツイッターについて-2 | Main | 街場のメディア論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラジオとツイッターについて-3:

« ラジオとツイッターについて-2 | Main | 街場のメディア論 »